製品情報

材質 : PVC 特殊銅電シート ABS
長さ : 30cm , 50cm , 1m , 2m , 3m , 4m~ (フラット部)
カラー : 黒, 白, オレンジ

定格電力 
電気用品安全法改正前に
1200Wのフラットコードを開発

1500Wのフラットコードに改良

電気用品安全法改正により下記のような表記になります。
「100V未満での使用でお願いします」

また、当商品は電気用品「延長コードセット」ではございません。
海外・船舶・車両での使用をお願いします。

全試験

●通常の1.5 倍の電流を流し温度上昇試験済み。
●キャスター付きチェアに 90kg の荷重を掛け、フラット部を2 万回通過する試験を実施。断線無し。
●耐荷重試験実施。直径50mm の丸棒をフラット部に載せ4 トンの荷重を加え、断線無し。125Vの電流、1500Wの1.5 倍の電流(2250W)を流し温度上昇試験済み。
●車外のヒッチキャリアに設置している発電機消音ボックスから圧力をかけて電源確保を3年間しても、劣化や断線無し。

売予定品目

●ホワイト、ブラック、ブラウン、ブルー、ピンク、パステルカラ―
●木目、石目、ゼブラ柄、カモフラージュ模様、キャラクター模様、迷彩模様、トラテープ模様(警告模様) 
●アース付き
●20m巻きプロ使用(長さを自在にカット可)
●アルミ専用カバー 30㎝ 50㎝ 1m (両面テープ付き)

品説明

正規品 フラットコード(弊社が本物です)
材質:PVC 特殊銅電シート ABS
定格電力:法改正後1500Wの表記はできません。
仕様や安全面は1500Wのフラットコードよりも改良されています。

全確認

125Vの電流、1500Wの1.5 倍の電流(2250W)を流し温度上昇試験済み。
キャスター付きチェアに 90kg の荷重を掛け、フラット部を2 万回通過する試験を実施。断線無し。
耐荷重試験実施。直径50mm の丸棒をフラット部に載せ4 トンの荷重を加え、断線無し。
車外のヒッチキャリアに設置している発電機消音ボックスから電源確保を3年間しても、劣化や断線無し。

ールスポイント

厚み0.9mmの世界で一番薄い
銅線ではなく銅板を使用しているので、高圧力で断線することが無い
特許申請中

日本人のベテラン技能士による手作業による製作。 3回の検品確認済み

コードから、フラット部分、 プラスチック接続部分の材料にもこだわっており、 日本人が手作業で製作しています。組み立ても全て、 職人によるハンドメイドです。
そのため、ハンドメイドの革製品のように、 多少の色ムラや、汚れに見えるようなところがある場合がございます。

大量生産できないハンドメイド製品ですので、 ご理解頂きましたら幸いです。
※温度により、商品にしわができる場合がございます。 ドライヤーの温風を当てると真っ直ぐに戻ります。

品ケース・説明書・保証書

コスト削減の為、割愛させて頂いております。

●商品ケース → パッケージ等は付属しません。商品本体をプチプチ梱包させて頂き、レターパック(ゆうパック)にて発送させて頂きます。
●説明書 → 本HPをご参照下さい。
●保証書 → 下記、「保険」「保証」欄をご参照下さい。

東京海上保険にて、生産物賠償責任の保険に加入しております。

初期不良のみ新品交換
※配送料金はご負担下さいませ。
※元払いで配送いたします。
※納品後、3日以内に検品をお願い申し上げます。
永久保証については下記をご参照くださいませ。

久保証

保証内容
◆永久保証(フラットコードの生産が終わるまで)
◆往復の送料はお客様負担
◆フラット部分の銅板の断線のみ対応(その他箇所、商品の汚れ、傷等は保証外)
◆お客様の過失により、商品が破損した場合は保証が適用されません。

電源が通らない、傷がある、
寸法が違う(-0,8cm~+5cmは適用内)
といった初期不良のみ対応いたします。

ンテンナンス

温度により商品に
しわができる場合がありますが、
ドライヤーの温風を
当てると真っ直ぐに戻ります。

本商品は、テレビ等で報道され、実績のある商品なのですが、電気用品安全法の改正により、PSEマークを取得できておりません。
理由は、経済産業省が、本商品の何よりの特徴であるフラットな形状のコードを電気用品安全法のコードとして認めないという見解に立っているためです。

フラットコードは、大阪市から表彰され、NHKや多くのメディアで特集されてきました。
安全性は理解されているのですが、法律という枠組みの中では残念ながら、PSEマークを取得できない状態です。

多大な費用を支払って複数回にわたって検査も受けて参りましたが、経済産業省の見解は変わりません。
法改正前は問題が無かったのですが、法改正後、PSEマークを取得できない観点から「100V未満の用途でお願いします」という表記になりますのでご了承ください。
PSEマークを取得するために例外承認を取得することも考えていましたが、銅線ではなく耐久力が銅線よりもはるかに強い銅板を使用する時点で、例外承認を取得できないという経済産業省の見解になっています。

法改正前に開発したフラットコードより現在のフラットコードは安全面も耐久力もかなり向上しておりますが、PSE商品外、100V未満での使用という明記になることをご理解の上、宜しくお願い申しあげます。